ワキガ対策にはボトックス法が効果的です

食事や生活のスタイルの変化の影響もあり、日本人も体臭の強い人が増えてきています。
特にワキガは強い臭いを発生させることもあり、気にしている人も多いのではないでしょうか。
ワキガの症状も人それぞれ差があり、それほど強くない人であれば、清潔を意識する、市販の消臭剤や制汗剤を利用することでかなり抑えることができます。
そして、重度の症状となると、医療機関の治療が必要となることがありますが、症状によっては保険適用で治療を受けることができます。
ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る汗ですので、アポクリン汗腺を除去することはワキガ対策に役立ちます。
手術ではアポクリン汗腺をしっかり除去していきますので、高い改善効果が期待できますが、手術は体に負担もありますし、傷跡が目立たなくなるまでにはそれなりの期間も必要です。
それゆえ、本格的な治療には抵抗があるという人も少なくありません。
手術には抵抗があるという人はメスを使わないワキガ治療も検討してみてはいかがでしょうか。
メスを使わない治療にも色々な種類がありますが、ボトックス法も注目されている治療のひとつです。
ボトックスは美容医療でよく利用されており、筋肉の働きを抑えて、シワを目立たなくする、エラやふくらはぎを細くする治療などにも利用されています。
そして、ボトックス法は注射だけで良いので施術時間も短く傷が目立つこともなく、身体に負担をかけずに対策ができるのがメリットです。
ボトックス注射を行うと発汗を促進するアセチルコリンを抑制しますので、アポクリン汗腺から出る汗も抑えることができ、その結果、体臭を抑えることにもつながります。ワキだけではなく、手のひらや足の裏の汗が気になるという人にも利用されている治療です。
手軽に行える治療ですが、効果は永久的なものではなく、個人差はあるものの数か月程度とされています。
それゆえ、効果を維持するためには定期的に施術を繰り返す必要があることは理解しておきましょう。